パスポート申請代行パスポート申請代行

単身赴任で居所と住民票登録地が違うとき

単身赴任中で一定期間家を離れていて、

居所と住民票登録地(大阪府内)が異なっている状態で、

海外出張に行くことになったとします。

 

初めての海外ならば、

パスポート申請するのですが

(1)大阪府内でパスポート申請

(2)居所(現在お住まいの住所)を管轄する都道府県でパスポート申請

の2通りがあります。

 

パスポート申請では郵送による申請は出来ませんので、

(a)申請

(b)受領

の2回、

パスポートセンターに行く必要があります。

 

(1)住民票登録の大阪府内でパスポート申請を採用する場合、

申請書と写真、戸籍、本人確認書類などを用意して、

(あ)本人が窓口に申請に行く方法、

(い)家族が代理で申請に行く方法

が考えられます。

家族が代理で申請した場合でも、

受領は代理できないことから、

本人が大阪府に戻ってパスポートを受領する必要があります。

 

(2)居所を管轄する都道府県でパスポート申請を採用する場合、

居所を管轄する都道府県のパスポートセンターに申請し、

後日、

受領ために行くことになります。

居所申請の場合でも、

申請書と写真、戸籍、本人確認書類は必要となりますが、

加えて住民票と居所申請申出書、居所を確認できる資料(最近届いた郵便物や居所証明書など)を

用意する必要があります。

 

居所申請する場合は、

行政書士であっても代理できず、

本人が申請することになりますので、

ご注意下さい。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ