パスポート申請代行パスポート申請代行

あなたに代わって、パスポート申請書を提出します。

当事務所では、日本国籍を持ち大阪府に住民登録をしている方に向けて
パスポート申請を代行します。

パスポートの申請代行では、戸籍謄本(抄本)や本人確認書類(運転免許証、
健康保険証、年金手帳など)等の原本といった個人情報を取り扱います。

国家資格者である行政書士が、責任を持ち一貫して業務にあたります。
当事務所にお任せいただくのが安心です。

パスポートを取得するには、「申請」と「受取り」の2回、旅券窓口(パス
ポートセンター)に出向く必要があります。
また、必要書類の戸籍謄本(抄本)を取寄せる必要もあります。

パスポートの受取りは平日と日曜日が可能です。
しかし、申請は平日のみ行っていて、大阪府パスポートセンター本所の受付
時間は16時30分までです。

戸籍の取り寄せ、申請を当事務所に依頼いただければ、旅券窓口に行くのは
受取りの1回だけで済みます。

申請代行について、初回のご相談は無料です。

お気軽にお問い合わせください。土日祝、夜間でもご相談対応は可能です。

パスポートの申請代行は可能ですが、パスポートの受取りは必ずご本人が
行くことになっております。
代行でのパスポートの受取りはできませんので、ご注意ください。

パスポート申請代行を利用するメリット

旅券窓口に1回行くだけで済むのは助かるけど、
お金払ってまで頼むのは・・・と思われる方もいらっしゃいます。

パスポート申請は平日の昼間、役所を取り寄せて、旅券窓口に行かなければ
ならず、曜日によっては混雑した窓口に並ぶこともあるので、 次のような方に
お得です。

  • 混雑した窓口に並びたくない方
  • 本籍地の役所やパスポートセンターまで遠い方
  • 平日お仕事で有給休暇を取ってまで、手続きや受付で待ちたくない方
  • 出発まで時間がなく、とにかく急いでいる方
  • 忙しくて平日に休みが取れない、役所に行けない方
  • お子さんが小さく手が離せないので、窓口に行く時間が作れない方
  • 初めてのパスポート申請方法が分からず、任せたい方
  • 遠くの本籍地へ戸籍取得する手続きが面倒という方

お客様は申請を記入するだけ!

ご依頼いただければ、面倒な戸籍謄本(抄本)の取得も取り寄せ可能です。

パスポート申請代行は、お客様の運転免許証などの原本を一定期間預け
なければなりませんので、 安心できる代行業者を選びましょう。

厳しい守秘義務のある国家資格の行政書士で、お客様の個人情報を保護し
ますので、 安心して任せることが出来ます。

時間にゆとりがある方から、お急ぎのお客様まで幅広いニーズにお応えします。

申請書の提出に有給休暇を使わず、楽しい旅行にあててください。

当事務所にてパスポート申請を行う申請窓口

大阪府パスポートセンター(本所) 申請の受付日時 月曜日~金曜日(祝・休日を除く)
午前9時15分~午後4時30分
交付の受付日時 月曜日~金曜日(祝・休日を除く)
午前9時15分~午後7時
日曜日:午前9時15分~午後5時

申請からお受け取りまでに6日かかります。
(土曜・日曜・祝休日・年末年始を除く。)

下記パスポートセンター(市役所)では、当該市に住民登録がある方、また現に
当該市内に居住している方が対象となります。

守口市役所
 市民生活部
 総合窓口課
申請の受付日時 月曜日~金曜日(祝・休日を除く)
午前9時15分~午後4時30分
交付の受付日時 月曜日~金曜日(祝・休日を除く)
午前9時~午後5時30分

申請からお受け取りまでに10日かかります。
(土曜・日曜・祝休日・年末年始を除く。)

日曜日にパスポートのお受け取りを希望される方は、パスポートセンター本所で申請することになります。

パスポート申請代理を利用出来る方

日本国籍を持ち大阪府に住民登録をしている方で、
  • 初めてパスポートを取得する場合
  • 前のパスポートが期限切れの場合
  • 現在お持ちのパスポートの有効期間が1年未満の場合
  • 婚姻等で氏名と本籍が変わったので、取り直す場合
  • パスポート有効期間はあるけど、査証欄の余白が残り少なくなってきたので増やしたい方

となります。

パスポート申請代理を利用出来ない方

当事務所のパスポート申請代行サービスをご利用いただけないのは、
以下に該当する方となります。

そのため、ご本人様で申請することになります。

  • 日本国籍を持ち大阪府以外に住民登録があり、大阪府に申請する方(居所申請)
  • 有効なパスポートを紛失、または著しく損傷したで申請する方
  • 申請書の「刑罰等関係」欄に該当する事項がある場合
  • 対立地域への渡航等により旅券の二重発給を受けようとする
  • 一時帰国者
  • 氏名の表記について非ヘボン式表記、別名併記を希望する場合
  • 以前、パスポート申請したが受取りに行くことなく半年以上が経過して失効した方
  • 外国における災害や事故・死亡などにより、親族や関係者が緊急に渡航する場合でない方
  • 申請の際に必要な本人確認書類(運転免許証、健康保険証、年金手帳など)の原本を当事務所に預けていただけない方

代行申請サービスと必要書類

新規申請

初めてパスポートを申請される方
期限切れのパスポートをお持ちの方
  1. 一般旅券発給申請書・・・1通
    ・申請日に満20歳以上の方は、10年用と5年用のどちらかを選択
    ・申請日に満20歳未満の方は、5年用のみ申請
    ・申請書は、折ったり汚したりしないでください
  2. 戸籍謄本又は戸籍抄本・・・1通
    ・6カ月以内に発行されたもの(コピーは不可)
  3. 写真・・・1枚(申請書に貼らずにお持ちください)
    ・6カ月以内に写されたもの
    ・ふちなし、無帽、無背景で規格にあったもの
    → 写真の規格等の詳細はこちら
  4. 本人確認書類・・・1点又は2点
    ・原本で有効期間中のもの(コピーは不可)
    ・運転免許証、健康保険証、年金手帳、学生証など
    → 本人確認書類の詳細はこちら
  5. 前回取得したパスポート
    ・期限切れのパスポートであっても必要です。
  6. 住民票
    ・大阪府内に住民登録をされている方は、基本的に住民票は不要です。
    ・住基ネットの利用を希望されない方、住所変更の手続き直後(住基ネットに反映されない間)にパスポート申請される場合に必要となります。

 

切替新規申請

有効期間が1年未満になったパスポートをお持ちの方
査証欄が残り少なくなり、新たなパスポートが必要な方
  1. 一般旅券発給申請書・・・1通
    ・申請日に満20歳以上の方は、10年用と5年用のどちらかを選択
    ・申請日に満20歳未満の方は、5年用のみ申請
    ・申請書は、折ったり汚したりしないでください
  2. 戸籍謄本又は戸籍抄本・・・1通
    ・氏名、本籍地の都道府県、性別に変更のない方は不要
    ・氏名、本籍地(同一都道府県内での変更は除く)、性別に変更のある方は、6カ月以内に発行されたもの(コピーは不可)
  3. 写真・・・1枚(申請書に貼らずにお持ちください)
    ・6カ月以内に写されたもの
    ・ふちなし、無帽、無背景で規格にあったもの
    → 写真の規格等の詳細はこちら
  4. 現在有効中のパスポート
    ・有効中のパスポートの提出がないと受付されません
  5. 住民票
    ・大阪府内に住民登録をされている方は、基本的に住民票は不要です。
    ・住基ネットの利用を希望されない方、住所変更の手続き直後(住基ネットに反映されない間)にパスポート申請される場合に必要となります。

 

記載事項変更申請(訂正新規・記載事項変更)

記載事項変更申請には、
(1)パスポートを新しく作り直す「訂正新規」
(2)現在お持ちのパスポートの残存有効期間を有効期間とする旅券を作成する「記載事項変更」
の二通りの方法があります。

有効中のパスポートを所持しているけど、氏名・本籍地等に変更があった方
  1. 一般旅券発給申請書・・・1通
    ・申請日に満20歳以上の方は、10年用と5年用のどちらかを選択
    ・申請日に満20歳未満の方は、5年用のみ申請
    ・申請書は、折ったり汚したりしないでください
  2. 戸籍謄本又は戸籍抄本・・・1通
    ・6カ月以内に発行されたもの
     (変更後の内容が記載された最新のもので、コピーは不可)
  3. 写真・・・1枚(申請書に貼らずにお持ちください)
    ・6カ月以内に写されたもの
    ・ふちなし、無帽、無背景で規格にあったもの
    → 写真の規格等の詳細はこちら
  4. 現在有効中のパスポート
    ・有効中のパスポートの提出がないと受付されません。
  5. 住民票
    ・大阪府内に住民登録をされている方は、基本的に住民票は不要です。
    ・住基ネットの利用を希望されない方、住所変更の手続き直後(住基ネットに反映されない間)にパスポート申請される場合に必要となります。

増補申請

パスポートの査証欄を増やしたい
  1. 一般旅券査証欄増補申請書・・・1通
  2. 現在有効中のパスポート
    ・有効中のパスポートの提出がないと受付されません。

お申込み代行料金

受付窓口 申請代行基本料金
大阪府パスポートセンター(本所)、守口市役所 10,800円(税込み)

お客様ご指定の場所まで申請書と本人確認書類を取りに伺います。
ご指定の場所は大阪府内に限らせていただきます。

お急ぎ申請代行 21,600円(税込み)
最短で取得できるよう迅速に手続きします
戸籍謄本等取得代行
(手数料・郵送費・定額小為替含む)
3,000円(税込み)
ご家族同時お申込み割引 ご家族で、同時に、同じ窓口での申請
2人目から3,240円(税込み)
引き換え証・本人確認書類返送を郵送する場合 510円(レターパック)
申請書発送料金 クロネコメール便
(普通82円・速達185円)

パスポート申請種別手数料

パスポート(旅券)の種類 大阪府証紙 収入印紙 合計

新規
切替新規
訂正新規
紛失新規

10年間有効
(20歳以上)
2,000円 14,000円 16,000円
5年間有効
(12歳以上)
2,000円 9,000円 11,000円
5年間有効
(12歳以上)
2,000円 4,000円 6,000円
記載事項変更   2,000円 4,000円 6,000円
増補   500円 2,000円 2,500円

お申込みからパスポート受け取りまでの基本的な流れ

あなたは、パスポートを受け取りに行くだけです!

①電話問合せ、問合せ専用フォームによりお申込み

②当事務所より概算の見積額を提示

③料金のお振込(先払いとなります)

④当事務所から一般旅券発給申請書など書類を送付

⑤お客様にて、一般旅券発給申請書を記入
  戸籍・写真・身分証明書の準備

⑥書類の受け渡し、内容確認、本人確認書類のお預かり

⑦当事務所にて申請代行

⑧パスポート受領証とご本人様確認書類のご返送(受け渡し)

⑨申請者ご本人で、受取りに行いきます。

パスポート申請代行費用のお見積りは、お問合せフォームからの送信後にメールにてご返答致します。
見積金額をご確認の上、依頼する・しないを検討されてキャンセルされる場合であっても、料金は一切かかりません。
メール確認後24時間以内に依頼するかどうか、ご返答をお願いします。
お返事があるまで、申請書などの書類が送付できませんのでご注意ください。

申請代行サービスの注意点

平成22年6月、外務省からの要請で、なりすましや虚偽申請につながりやすい郵送のみで、本人確認を十分に行わないままの申請代行を行うことは、厳に行わないよう通知が出されています。
当事務所では、郵送のみのやりとりでの申請代行は行っておらず、必ず対面で書類をお預かりし、ご本人様の自筆の署名であるか、写真はご本人様のもので間違いがないか等を確認させていただいた上で、書類をお預かりします。 土日祝の書類預りも事前予約で可能です。お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ